美容・理容Q&A

美容師と理容師って何が違うの?

美容師は「容姿を美しく」理容師は「容姿を整える」仕事です。
例)美容師:パーマネントウエーブ、結髪、化粧、マツエク・ネイル
理容師:頭髪の刈込、シェービング

美容科と理容科って何が違うの?

取得できる資格や試験内容が違います。 美容師の試験ではカッティングの他にワインディング(頭髪にロッドなどを巻く作業)や オールウェーブセッティング(ウェーブをかける特殊なセット作業)があります。理容師の試験では カッティングに加えてシェービング(顔のひげやむだ毛などを剃る作業)と整髪の基礎技術が試されます。

美容師と理容師どっちが多いの?

美容師が多いです。 理容師は、美容師よりも数が少ないため、そのぶん需要も高くなります。
とはいえ美容師も美容院・美容室だけにとどまらず、結婚式場のヘアメイクアーティスト、 エステサロンのネイリスト、各種撮影現場でメイクやスタイリングを担当するスタイリストなど、 多方面で活躍できるため、就職先も多彩です。

どっちか選ばなきゃいけないの?

両方資格を取得することが可能です。 今は「Wライセンス」といって両方の資格取得者が優遇される流れになってきました。 美容の容姿を美しく魅せる技術と、理容の容姿を整える技術。
両方取得することによりエステ・シェービングなどの技術が取得可能です。 資格の取得数が多ければ、できるサービスの内容も就職先も大きく広がります。